色々な薬

2人の問題

Impotent man

この不妊治療…メインとなるのは子供を生む母親になりますが、これは2人の問題…まず原因を調べる為にどちらもが検査しなければいけないのに、男性側が自分に原因があるわけがないとつっぱねて根本的な原因を調査できないまま不妊治療へ入ってしまうようなご夫婦もおられます。
これは母体のみに関わる事ではありません、精子の方に問題がある事だってあります。ですから2人で全てを受け止めてしっかりと辛い治療にも挑めるようにしなければいけません。

そしてこの治療にはお金がかかります。体外受精1つするにしても、採卵から凍結までで少なくとも50万円程度は必要になると言われていますし、実際に子宮へ戻すには20万円程度のお金がかかると言われています。
これだけ少子化問題が騒がれているのに、健康保険等の適応はありません、自治体によっては補助金等が出てくる所もありますがそれも雀の涙程…ないよりはマシですが、まずこの治療費の時点で躓いてしま夫婦も多いです。

それに、受精卵や採卵した卵子を保管しておく場所の問題やその保証等も大きな問題になっています、地震や自己等で保管場所が破損…それが問題でたくさんの不妊治療中の夫婦が辛い思いをする事になってしまったと言うような実例もありま。
このように改善点や考えなければいけない事がたくさんあるのがこの不妊治療の難しさでもあるのです。

人工授精

Men feeling disappointed

体外受精では無く、人工授精はどのような物になるのでしょうか?これは特殊な注射器を利用して子宮の奥まで直接精子を入れます。自然妊娠とほとんど違いは無いような状態で受精させるのです。
体外受精は受精までを完全に外で行いますが、人工授精は入れるだけ…後は全て自然の流れにまかせて行います。

なんと…今40人いるクラスに1人は体外受精で生まれると言われています。中には運動能力や学習能力、健康等が損なわれた状態で子供が出来るのでは無いか?と言うように不安視するような声もありますがそんな事はありません。
世界で見れば年間に500万人程度が人口、または体外受精で生まれている事になるのです。
昔は人工的に受精させる事で双子、三つ子…等が生まれていた時代もありましたが、あの時はまだ技術も今程発達しておらず、確実に妊娠させる為に複数の受精卵を体内へ戻していた事による影響でした。
既に不妊治療の技術が向上した現代ではそのような事は必要ありませんから、必然的におこらないようになりました。
また、双子や三つ子のように人数が増えればそれだけ母体へかかる負担も高くなりますし、栄養だってそれだけ必要になります。またお腹の中が狭くなってしまう事で自然分娩では出て来られないと言うような問題が起こっていました。
ですがこれも全て過去の事、今から不妊治療を始めようと思っている方には関係が無い事ですから安心して下さいね。

体外受精

Unhappy family

不妊治療と言えば…人工授精や体外受精が有名ですよね?この2つ…具体的にどんなやり方なのかわかっていない人も多いと思います、ここではっきりと分ける為にも説明したいと思いますね。
まず、体外受精とは卵と精子を外で受精させ、それを母体へ戻す方法。
これをすれば運にかけるような方法では無く、しっかり効率良く卵子と精子を出会わせる事が可能になります。それに普通では見られない卵子や精子をしっかりと確認出来る事によってう一体あなた達の不妊原因が何だったのか…精子や卵子に以上は無いのかと言うような検査をする事が出来ると言う利点もあります。

最初にホルモン剤を投与して卵胞を大きくし、卵子を取り出せるよいうにします。そうしてから卵子と精子を合わせて受精卵を作ります。
後は母体へ受精卵を戻して経過を観察するのです。
1度採取した卵子は冷凍保存等をしてコストを抑える事が可能ですが、人によってはこれを嫌がる人もおりますね。

全員が納得行く方法で治療出来る事が1番ですから、しっかり相談して決められるようにしましょう。

不妊

white pills

サポートもしっかりしているから信頼することができます!排卵検査薬を買いたいならこちらがいいですよ!

適切に治療をしていくためにも効果的ですよ!カンジダの検査を受けようと思っている方にはこちらです!

晩婚化が進む中…大きな問題となっているのがこの不妊…どうしても結婚が遅くなると妊娠も遅くなる…そうすると安定して妊娠→出産と出来る確立がガクンと下がります。
中には30代で妊娠すれば20代の頃に比べて健康な子供が生まれる確立が半分になってしまうとも言われている程に若いと言う事は重要なのです。排卵検査薬等を利用して調べればその数値で明らかに結果が違ったりもします。

最近では医療技術、排卵検査薬等も進化していますし、不妊治療自体もかなり良い物になってきていますから昔に比べれば大変に良い環境いなっています。
しかしそれでも完璧な治療ではありませんし、不妊治療は辛い物…婦人科等へ行ってもこのような問題で悩んでいる人はかなりおります。中には何年もかけて不妊治療を行い、そして莫大なお金をかけたにもかかわらず残念ながら子供が出来ず…そのまま子供無しの人生を選択せざるをえなくなったり、不妊治療の問題で離婚へ発展してしまったりする人も少なくありません。
それに、これは夫婦間の問題ですから相手のいい加減さや無責任さが露呈してしまう原因にもなり本当に難しい問題なのです。
排卵検査薬等を利用して効率的に、そして確実に妊娠できるようにと言う配慮はされていますが…それでも人間の体がそう簡単な物ではありませんから難しいのです。

早ければ早い程…若ければ若い程に不妊治療は実を結ぶ確立が高くなりますし、何か今子宮系の事で問題があるのなら妊娠する予定はなくとも婦人科等へ行って検査をするべきだと言えますね。
若い頃に適当な事をしていたから…現在不妊になっていると言うような人も多いです。子宮と言うのは本当にデリケートな所ですから、何かあればすぐ婦人科へ行って検査…これを徹底しておきましょう。
中には過去に堕胎した事が原因で不妊になっている人もおります、原因は人によって様々…治療の為にもまずは排卵検査薬等に頼る事からでは無く、不妊の原因が一体どこにあるのかを婦人科等で夫婦揃って検査するべきです。
意外と男性原因の不妊も多いですからね?

このエントリーをはてなブックマークに追加